初心者でも超簡単 Jwcad

Jwcad 曲線の使い方(基本操作)

スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加  

Jw_cadの 『曲線』 の基本の使い方を覚えてくださいね。

 

他の機能でもそうなのですが、
やはり、基本の使い方が理解できていないと、
その時点で躓いてしまって、
それを調べるのに時間を要してしまって、
肝心な図面作成に取掛かれない(>_<;)
なんてことになってしまっては、貴重な時間を無駄に浪費してしまって、
作図にかかる時間がドンドン長くなってしまいます。

 

そんなことにならないように、
どの機能でも、最初に行う操作を覚えることは、
とても大切なことだと思いますので、
こちらでは、その入り口の操作について練習していただきます。

 

Jwcad 曲線の使い方

 

それでは、『曲線』 の基本となる操作について
練習してみましょう(^0^ )/

 

基本となる操作の練習なんて書いてますが、
内容は、「な~んだ」と思うようなものだと思いますけど、
ここで選択する内容によって、
その後に描かれる曲線が変ってきますので、
ここは、「な~んだ┐( ̄ヘ ̄)┌」と思わずに、
少し真剣になって、覚えてくださいね(^_-)-☆

 

練習していただくのは、下の画像のコントロールバーの部分です。

 

Jwcad 曲線の使い方(コントロールバー)

 

このコントロールバーを操作するためには、
まず最初に、ツールバーの 『作図(2)』 内の 『曲線』 タブを左クリックして、
コントロールバーを表示させることから始めます。

 

ここまでの操作は、他の機能のときと同じですね^^
他の機能での手操作手順の紹介のときに、
何度も同じように説明させていただきましたから、
もうみなさんお解かりですよね^^

 

さて、コントロールバーをゆっくりご覧いただければ、
このカテゴリ紹介のページで紹介していた

 

  • サイン曲線
  • 2次曲線
  • スプライン曲線
  • ベジェ曲線

 

の各ラジオボタンが配置されていることがお解かりいただけますよね。

 

基本操作の一番最初に行うのが、
このラジオボタンでの、曲線の描き方になります。

 

このラジオボタンで選択した、曲線をみなさんに描いていただくことになりますので、
自分がどんな曲線を描きたいのか、
頭の中でイメージして、その曲線になるものを選択していただきます。

 

画像では、『サイン曲線』 のラジオボタンが選択されている状態ですが、
他のものを選択すると、付随する選択項目が、右の部分に追加されて表示されます。

 

描く曲線の選択が終わったら次は、『分割数』 の数値を入力します。

 

この分割数は、数値が大きくなれば、分割される数が多くなりますから、
描かれる曲線は、とても滑らかなものになり、
みなさんが描きたいものにより近い曲線が描けます。
しかし、あまり極端に数値を大きくすると、
パソコンに過度な負担がかかることになりますから、
適度な数値を選択するようにしてくださいね。

 

でも、お使いのパソコンのスペックもさまざまですから、
みなさんのお使いのパソコンの能力に合わせてお使いいただければけっこうです。

 

この項目での基本的な使い方は、この二つです。

 

他の機能と、最初の使い方としては、さほど変ったところはありませんから、
みなさんすでに使えるようになっていますよね^^

 

 

Point !
曲線』 を使い始めるには、
まず自分がどのような曲線を描きたいのかイメージして、
その曲線を描くのに適した曲線の機能を選択することが大切です。

 

イメージからかけ離れたものを選択すると、
まったく違った結果になってしまいますから、注意してくださいね。

 

曲線』 は、非常によく利用する機能ですから、
こちらでしっかりと練習してくださいね(^_-)-☆

 

こちら

次は、こちらです。

Jwcad 曲線の使い方(サイン曲線)

Jwcad曲線の使い方(サイン曲線)を練習しましょう(^0^ )/
サイン曲線は、規則正しい、曲線の繰り返しなどを描くときには、
とても便利な機能です。

 

カテゴリ案内へ

 

スポンサーリンク

 

Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆




このエントリーをはてなブックマークに追加  


最新記事


無料カウンター