初心者でも超簡単 Jwcadでは、簡単な使い方を紹介しています。

Jw_cad 画像の回転とリサイズを同時に行う方法

スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加  

前回、前々回と 『画像リサイズ』 の練習をしましたが、
ご理解いただけたでしょうか?

 

最初は、マウス操作による、視認しながらの使い方でしたが、
2回目は、画像の文字情報を変更することで、
画像をリサイズする方法でした。

 

どちらの使い方も、それぞれに特徴がありますので、
しっかりと、特徴を理解して、
使うときのシーンに合わせて、どちらの方法がベストなチョイスなのか
よく考えて、使ってくださいね(^_-)-☆

 

 

基本的な画像回転の使い方

さて、今回は、『画像の回転』 について、練習してみましょう。

 

「画像の向きを変えるだけだろ」

 

と簡単に思われるかもしれませんが、
それは、それなりに、ちょっとした使い方のコツがありますから、
そのコツを掴んで、思い通りに画像を回転できるようにしてください。

 

ここで練習していただくコツを知っていないと、
画像を思うように回転できなくて、
つまらないところで、貴重な時間を浪費してしまいますからね・・・(>_<;)

 

前置きは、これくらいにして、
今回も早速キャプチャー動画からご覧ください。

 

Jw_cad 画像の編集方法3(画像回転)

 

さあ、キャプチャー動画をご覧いただいていかがでしたか。
キャプチャー動画では、基本的な使い方を
ギュッと凝縮していたのがお解かりいただけましたか?

 

こんなふうに画像回転の使い方を照会しているのを私は見たことがありません。

 

私のサイトでは、サイトのタイトルのとおり、
初心者でも超簡単』 に使いこなせるように、
全てを照会しようと考えていますから、
今回もキャプチャー動画にそんな思いをこめて、照会しています。

 

とゆうことで、簡単な手順を照会しておきますね^^

 

① ツールバーの 『画像』 タブを左クリックします。
② 『画像フィット』 にチェックを入れ、続いて 『回転する』 にチェックを入れます。
③ 対象画像の始点を指示します。
④ 対象画像の終点を指示します。
⑤ 回転させる支点を指示します。
⑥ 回転方向の終点を指示して画像の回転は完成です。

 

基本的な操作は、これだけですが、
キャプチャー動画で、幾つかの違った操作をしていましたよね。

 

画像回転の基本操作での③④ と ⑤⑥の相関関係を実演していました。
下の画像で、改めてその相関関係をご確認ください。
Jw_cad 画像の編集方法1(画像回転)

 

この画像でみなさんにお伝えしたいのは、
対象画像の始点と回転方向の支持点との相関関係についてです。

 

画像のように矢印方向が同じ場合には、
①を始点にして画像はそのまま回転し、
逆の場合には、上下逆さまになるとゆうことです。
キャプチャー動画の中でも、その操作を行っていましたよね^^

 

 

画像回転と同時にリサイズする方法

続いては、画像回転と同時にリサイズを行う使い方です。
この使い方を知っておけば、作図作業をより効率的に出来ますし、
正確で、きれいな仕上がりにすることが出来るようになりますよ^^

 

それではその使い方をご説明しましょう。

 

元画像を(1)としたとき
元画像の内側の半分(0.5)を指示し、
回転方向でも内側の同一距離点(0.5)を指示すると、元の画像の大きさで回転します。
回転方向で指示点を(0.75)とすると、画像は約1.25倍に拡大し、
指示点を(1)とすると、画像は、約2倍になります。

 

逆に、元画像の(1)を指示し、
回転方向で、(0.5)や(0.75)など、元画像より内側を指示すると、
その指示点の大きさに縮小されます。

 

この操作を実際に行っているのが、
下のキャプチャー動画になりますので、ご覧ください。

 

Jw_cad 画像の編集方法3(画像回転とリサイズ)

 

実際にキャプチャー動画で操作を行ったをご覧になっていかがでしょうか。
この使い方をマスターしておくと、何かと便利に使えると思いませんか?

 

例えば、一つの図形を使って、大きさを変えながら、画像を回転させて、
尚且つ、移動も同時に行うなんて使い方も可能ですから、
いくつも、違った作業をしなくて済みますので、
作図にかかる時間も短縮できて、とっても便利だと思いませんか。

 

ぜひ、みなさんも、この使い方を覚えて、作図作業に活用してくださいね(^_-)-☆

 

 

Point !
画像の回転の際には、その方向性に注意して、
回転後の画像の向きや大きさを理解して行ってください。

 

画像の回転を行う前に、角度や長さなどを予め、
仮点で表示しておくと簡単に回転することができ、
大きさなども指定どおりにすることが出来ます。

 

仮点を使えば、画像化移転後には、
簡単に消すことが出来るのでとても便利です。

 

キャプチャー動画で私は、右クリック(点読取)で作業していましたが、
これが出来るのは、画像の下の部分だけです。
画像の上の部分では、この手法は使えません。

 

こちら

次は、こちらです。

Jw_cad 画像のトリミング(切取りと移動)

Jwcadに取込んだ画像のトリミング(切り取りと移動)方法を
練習していきましょう(^0^ )/

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 

Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆




このエントリーをはてなブックマークに追加  


最新記事


無料カウンター