初心者でも超簡単 Jwcadでは、簡単な使い方を紹介しています。

Jw_cad 面積の測定方法 練習問題の解答

スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加  

Jw_cadのツールバー 『測定』 の中の
面積の測定方法ついての練習問題を出題しましたが
もうみなさん、答えは、出ていますよね。^^

 

「当たり前じゃないか」

 

そうですよね。

 

答えが出ていないのは、私だけかもしれませんね。( ̄ε ̄;汗)
私もがんばらねば!

 

とゆうことで、私のがんばった解答をご覧ください。

 

Jw_cad 面積の測定方法

 

答えの求め方は、みなさんお解かりですよね。
最初に 『Basic』 の大枠の面積を求めてから、
続いて、大枠の中のそれぞれの図形の面積を求めます。
そして最後に、『Basic』 の値から、ここの面積の合計を引けば、
残りの面積が求められますよね。^^

 

まずは、全ての図形の面積を求めたものをご覧ください。

 

練習問題解答1

 

みなさんが測定されたものも、同じ値になっているはずですよね。

 

後は、この値を電卓などで、計算すれば、最終的な面積が求められるわけですが、
その前に、一覧表として、整理しておきましょう。

 

例えば、下のような表を予め作っておいて、
その中に、それぞれの値を入れておけば、計算するのも簡単になりますし、
そのまま、図面の中に描き込んでおけば、
受け取られた方も、どのような計算に基づいて、
最終的な値が求められたのかが一目瞭然ですから、
とっても、優しい図面に仕上げることが出来ますよね。^^

 

表計1

 

ご覧いただければ、どのように計算されたものかは、お解かりいただけると思いますが、
一応、説明しておきますね。

 

最上部の黄色の部分が、大枠の面積です。
次に、水色の部分が、個々の図形の面積になります。
その隣の数値は、大枠の面積から、個別の面積を引いた値になります。
例えば、()なら、9.000 - 0.283 = 8.717㎡ とゆうことです。
最下部の黄緑色の部分は、水色の部分の合計で、
その右側が最上部黄色の部分から黄緑色の合計を引いた値ですから、
この 7.113㎡ が、中の図形の面積を除いた面積だとゆうことなんです。

 

いかがでしょうか、わかり易くないですか?

 

このような表は、実際の図面などにも描かれていることがありますし、
お客様から、要望される場合もありますので、
描く割合としては、それなりにあるんじゃないかと思いますから、
私は、何種類かのパターンを図形登録して使っています。

 

ところで、今回の練習問題の答えは、もうお解かりですよね。

 

さて、みなさんのお答えは、いかがでしたか?

 

 

Point !
今回のように数値計算するときは、表計算用の枠を用意しておき、
その中で計算しておきましょう。

 

こうすることで、図面内に書き込むのも一度で済みますし、
見る方にとっても、わかりやすい図面とすることが出来るので、
図面に対する信頼度もアップすると思います。

 

 

さて次回は、今回作った表計算枠を使って、
電卓も使わずに、Jw_cadだけで、これらの計算を行う方法を練習してみましょう。(^0^ )/

 

とゆうことで、次は、こちらです。

こちら

 

 

Jw_cad 表計算の使い方

Jwcadの 『表計』 タブを使って
表の計算をする方法を練習しましょう。

 

カテゴリ案内へ

スポンサーリンク

 

Jw_cadの関連書籍などをお探しなら、
下記サーチボックスに『キーワード』を入力して、検索してください。

そのほかのものも、簡単に探すことができますよ(^_-)-☆




このエントリーをはてなブックマークに追加  


最新記事


無料カウンター